10月8日~9日 中仙さくらファーム稲刈り研修

10月8日9日に稲刈り研修で、
秋田県大仙市にある「中仙さくらファーム」様を訪問して参りました!

新幹線で北上し、仙台、盛岡と過ぎて、
向かうは風光明媚な角館。
角館駅からほど近くに「中仙さくらファーム」はあります。

この日は秋晴れで空気が澄んでいて絶好の稲刈り日和。
作業着に着替えていざ稲刈り!

…の前に腹ごしらえ☆
炊き立てご飯でおむすびづくりを実演したのち、
ご用意いただいた手作りの豚汁やいぶりがっこと一緒に
農家さん勢ぞろいで、美味しくいただきました♪

お昼を食べた後は、
精米所の施設を見学し、
その後農場へ移動してすぐにコンバインに乗って稲刈りをさせていただきました。
コンバインに乗るのは初めてではなかったのですが、
農家さんのようには速度を出せず、、、

IMG_1371

ですが!農家さんからはお褒めの言葉をいただきましたw
まずまずといったところでしょうか^^

次に、鎌を使ってコンバインでは刈ることのできない
角の部分の稲を刈らせていただきました。

この夏、大仙市では集中豪雨の影響により多少なりとも被害を受けたそうです。
また、台風などで稲が倒れてしまったりとしたようで、、、

翌日はそんな倒れた稲を〝ぼっこ〟(=棒)を使って稲を起こす作業を初体験しました。

IMG_1372

想像以上に棒の扱いが難しく苦戦し、
夜露に濡れた稲の中を歩くのでびしょびしょになりながら、
なんとかコンバインで刈り取れるように、稲を起こすことができました。

IMG_1345

今回の稲刈り研修を通じて、
自然災害には為す術がないこともありますが、
農家さんの知恵や努力によって、強くたくましい稲が育ち、
美味しくて甘みのあるお米が食べられるんだなと感じました。

農家さん一人一人の努力の結晶を、
一粒残らずお客様にお届けしたいと改めて思いました。

IMG_1322

そんな「中仙さくらファーム」の
美味しい「秋田県産あきたこまち」を使ったおむすびは、
西武新宿線田無駅にある「ファーマーズキッチンエミオ田無店」で食べられます☆

IMG_1373

皆さん是非食べに来てくださいね^^

カテゴリー: その他

鳴子へ稲刈り研修に行ってきました!

こんにちは!

9月30日、10月1日は
宮城県大崎市、鳴子の米プロジェクトへ稲刈り研修に行ってきました!

http://www.omusubi-gonbei.com/nouka/narukonokome/

研修の1日目は、
鳴子の米プロジェクトの「秋の稲刈り交流会」総勢100名の方々と一緒に
作業をさせて頂きました。

なんと岡山からわざわざいらっしゃっている方もいてびっくりです!!

鳴子写真①

残念ながら作業途中で小雨に降られてしまいましたが、
皆さんの慣れた手つきややる気に圧倒されながら
わたしたちも泥だらけになりながら頑張りました!

作業の中で、鳴子の米プロジェクトの「ゆきむすび」を購入しているお客様とお話しする機会もあり、ゆきむすびが多くの方に愛されているお米だということがひしひしと伝わってきました。

そのようなお米を使っておむすびを販売させて頂けていることに
本当に感謝です(>_<)!

また、稲刈り交流会の懇親会にも参加させていただき、
そこで権米衛の「おむすびチャンピオン」がおむすびづくりを披露☆

とても盛り上がりました( ^ω^ )
また、その様子が12日の河北新報に掲載されました!

鳴子写真

2日目は秋田との県境にある鬼首地区で作業のお手伝い!

鳴子の「ゆきむすび」を作る過程の中には
刈った稲を天日干しにして乾燥させる「くい掛け」という作業があります。

鳴子写真③

このひと手間がゆきむすびの美味しさの秘密でもあるんです!

今回はその大事なくい掛けの作業もお手伝いさせていただきました。

この作業が簡単そうに見えて本当に大変、、。

しかし、ゆきむすびの美味しさを決める作業に携わることができたことは
すごく良い経験になりました!

鳴子写真④

たくさん働いたあとは青空の下で
ゆきむすびを使ったおむすび屋さん「むすびや」の美味しいおむすびと
生産者さんの奥様方の手作りのお惣菜や豚汁をいただきました!

鳴子写真⑤

今回はまだ見られませんでしたが、
これから11月にかけて鳴子は綺麗な紅葉が見られるシーズンです☆

機会がありましたらぜひ一度訪れてみてくださいね!

鳴子の米プロジェクトの「ゆきむすび」は
おむすび権米衛アパホテル神田神保町駅東店でお召し上がりいただけます!

http://www.omusubi-gonbei.com/shoplist/tokyo/chiyoda/kanda.html

カテゴリー: 農業研修

北海道の新篠津に稲刈り研修にいってきました!

こんにちは!

9月24~25日に北海道の新篠津村へ稲刈り研修に行ってきました!

http://www.omusubi-gonbei.com/nouka/shinshinotsu/

新篠津写真①

新篠津村では、雨の影響で例年より1週間ほど遅らせて稲刈りがスタート。

私たちが行った前日まで雨続きだったそうです、、

でもなんと!この2日間は信じられないくらいの晴天!

コンバインに乗せていただき稲刈りをしました!

メンバーみんなで、「雨が止んで本当に嬉しい!稲刈りがんばります!!」
とはりきって研修をしていたのですが、、
雨の名残りで稲が湿っていてコンバインが詰まり故障することも、、(;O;)

その日の天気だけでなく気温や風、前日の雨にまで左右される農家さんの苦労は
計り知れません(+_+)

新篠津写真③

全国には後継者がいなくて困っている農家さんがたくさんいますが、
新篠津村には後継者になるために勉強している若者がたくさんいます。

みんな見た目は今どきの若者ですが、勉強しながらしっかり農業やってます。

その姿は 本当にかっこいい!
そして、後継者なりたいと自分の子供に思わせる仕事をしている
農家さんたちもかっこいい!

たくさんの苦労をして一生懸命お米を作ってくださっている農家さんに貢献するために、
私たちはこれからもおいしいお米をおむすびにして、
多くのお客様に食べていただけるように努力しなければ!と改めて実感しました。

新篠津写真②

もちもちとした食感が特徴でくせになる美味しさのお米、「ゆめぴりか」を

使用したおむすびは、大手町カンファレンスセンター店でお召し上がりいただけます!

http://www.omusubi-gonbei.com/shoplist/tokyo/chiyoda/otemachi-cc.html

カテゴリー: 農業研修

小野里農場へ稲刈り研修へ行ってきました!

こんにちは!

9月23日(土)は茨城県坂東市にある小野里農場さんの田んぼに今季初めての
稲刈り研修に行ってまいりました!

イワイの社員をはじめ、アルバイトさん、関係者の方々、来春の内定者、総勢72名が
参加してくださいました。

小野里写真①

大崎から大型バスで出発し、約2時間で坂東市へ。
みんなで楽しく自己紹介をしながら行くのであっという間に到着です!

農場に到着し、小野里さん、同じ茨城県の生産者の鈴木さんに稲刈りのレクチャーをしていただき、いざ作業開始!

前日の雨の影響で稲刈りができないかも、、と直前までヒヤヒヤしていましたが、日ごろの想いが通じ何とか美味しいお米を刈り取ることが出来ました!

慣れない鎌での作業にはじめはみんな戸惑っていましたが、1時間もしないうちにコツをつかみ、最後には黙々と稲刈り!

小野里写真

作業後は生産者さんの奥様方が用意して下さったご飯を頂きながら懇親会を行いました。

疲れた体に美味しいおむすびと豚汁、最高です!!

小野里写真③

小野里農場さん、鈴木農場さんでは「自然耕」という農法でお米を育てています。

一般的には苗をふかふかの土に植えるのですが、自然耕は耕していない硬めの土に苗を植えます。

自然耕の田んぼの稲は、ミネラルが豊富で自然災害にも負けないという特徴があり、栄養たっぷりの美味しいお米が育ちます。

小野里農場さんのお米を使ったおむすびは「本郷三丁目店」「京王府中SC店」で、

http://www.omusubi-gonbei.com/nouka/tsukuba/

鈴木農場さんのお米を使ったおむすびは「アトレ亀戸店」で食べることができます!

http://www.omusubi-gonbei.com/nouka/suzuki/

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください☆

10月に入ると社員が順番に各地域の生産者さんのところにお邪魔し、稲刈り研修を行ってきます。

その様子も随時アップしていきますので楽しみにしていてくださいね(^^ゞ

カテゴリー: 農業研修

田植え研修に行ってきました!(鳴子の米プロジェクト)

 

6/3.4 に鳴子へ田植え研修に行って参りました!

 

鳴子は、東京から新幹線と電車を乗り継いで約3時間の、
宮城県の大崎市(合併前は古川市)にある山里です。

 

そんな鳴子で作っているのが「ゆきむすび」という品種のお米です

 

「ゆきむすび」はモチモチとしたもち米のような食感が特徴で、
州など遠方から東京にある神田店までわざわざ買いに来てくださる
熱狂的なファンの方もいらっしゃるほどです!

 

他のお米では味わえないおいしさですのでぜひ一度食べてみてください!

 

今回の研修では田植えのお手伝いをするはずが、、

 

田んぼに入った途端に雨に降られ気温もかなり下がってしまい、
局田んぼでのお手伝いはほぼできず、、

 

鳴子のみなさま何もできず申し訳ありません、、

 

鳴子

 

この2日間で、急に雨が降ったり風が吹いたり、
天気が安定しない山間地での米作りの大変さを目の当たりにしました。

 

そんな気候に負けないよう、鳴子の皆様は様々な工夫をしながら
毎日おいしいお米作りを頑張ってくださっています。

 

店舗では農家さんの想いをお客様にお届けできるように、
これからも一粒一粒に心を込めておむすびを結んでいきたいと思います!

 

お昼ごはんには、鳴子で収穫された野菜や山菜をたくさんいただきました。

 

採れたてはやっぱり美味しさが格別です!ごちそうさまでした!

 

鳴子②

 

「ゆきむすび」を使ったおむすびは、
おむすび権米衛アパホテル神田神保町駅東店でお召し上がりいただけます。

 

お近くにお越しの際はぜひ寄ってみてくださいね!
カテゴリー: 農業研修